意外と低い?保育士の給料の実態

tyh_00

子供が大好きで、子供に関わる仕事がしたい、という若い女性はとても多いのに、実際に保育士になって、毎日の生活に心から満足している人は意外と少ないそうです。

保育士の仕事は、拘束時間も長い上に、体力も使うので、見た目以上にハードです。

誰でもできる仕事ではなく、保育の専門知識とスキルを得た人だけがなれる専門職ですから、それに見合った所得がなければいけないと思います。

しかし、平成25年度の統計では、平均月収が21万円とされています。

年収では310万円前後になり、時給に換算すると平均約1,200円です。

これは、勤務先によってももちろん異なります。

例えば、保育園でも認可か認可外かでも違いますし、24時間やっているような街の託児所や大企業や病院に勤務する人のために独自で併設している専用託児所でも給料は異なるでしょう。

夜勤がある場合は、時間外の加算があるため、もう少し収入があると思います。

また、正社員・契約社員・パートという立場でも異なります。

パートなどは、ボーナスが加算されないことから、年収は上記よりももっと低いと想定されるでしょう。

いずれにしましても、この給料の推移はここ数年横ばいで、あまり上下していないのが現状です。

政府はこれからもっと働く女性を増やし、そのために保育園や託児所を増やすと言っていますが、仕事のハードさと所得が比例していない今の状況では、保育士の確保がなかなか難しいと懸念されているようです。

政府にももっと補助金を出してもらったりして、収入の面でも仕事のやりがいと比例するように工夫してもらうことが必要ですね。